コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フキバッタ

2件 の用語解説(フキバッタの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フキバッタ

直翅目イナゴ科中のフキバッタ類の昆虫の総称,またはそのうちの1種を指す。イネ科植物の葉を食べるバッタ類が多い中で,この類は双子葉の草本類の葉を食べ,しかも食する葉の色とよく似た色彩の,鮮やかな緑色の体色をもつ数属からなるグループである。世界に多くの種が分布するが,日本にはフキバッタ属,ハネナガフキバッタ属,カラフトフキバッタ属などが見られる。いずれも体長20~30mmの中型のバッタで,ハネナガフキバッタ属のほかは,いずれも翅が短かったり,なかったりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フキバッタ
ふきばった / 蕗蝗
[学]Paraparapodisma sapporensis

昆虫綱直翅(ちょくし)目イナゴ科に属する昆虫。フキやクズなどの葉を食べる鮮緑色の美しいバッタで、いわゆるフキバッタの類の一つ。北海道、東北地方北部に分布する。体長20ミリメートル内外の虫で、雌はこれよりやや大きい。前翅は鱗片(りんぺん)状に退化し、後肢腿節(たいせつ)の下面は黄色で、同脛節(けいせつ)は青白色をしている。丘陵地から高山の山頂にまで分布し、個体数は多い。
 フキバッタ類は、ほかのバッタ類と異なり、双子葉植物のフキやクズなどを好んで食べ、1齢幼虫は群がっているのが普通である。フキバッタ類、ミヤマフキバッタ類、ハネナガフキバッタ類、カラフトフキバッタ類など、いくつかのグループに分かれる。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フキバッタの関連キーワードイナゴ直翅類飛蝗同翅類泡吹虫稲子麿菱蝗稲子長椿象蚤蝗

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone