コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フサノリ

海藻海草標本図鑑の解説

フサノリ

からだは円柱状。叉状に立体的に規則正しく叉状分枝をする。腋は狭い。枝はほとんど同じ長さになるため水中では半球 状に広がっている。 表面は平滑であるが分枝部分は節のようになる。からだをすかしてみると左の写真のように中央にスジが見える(見えにくい時もある)。これら目にするフサノ リは配偶体であり,四分胞子体は糸状である。手触りは柔らかくプリプリしている。生体は紅色。押し葉標本は台紙につく。似ているものとしてニセフサノリがあるが,ニセフサノリはもう少し細く軟骨質に近い。また,からだをすかしてみてもニセフサノリにはスジが見えない事で区別がつく。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フサノリ
ふさのり
[学]Scinia japonica Setchell

紅藻植物、ガラガラ科の海藻。淡紅色を呈し、柔らかい細紐(ほそひも)状の体枝は叉(さ)状分岐を繰り返し、房状となる。体高10~20センチメートル。体枝の太さ2~3ミリメートル。温暖海域の浅海に産するが、量は比較的少ない。[新崎盛敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フサノリの関連キーワードフサノリ(房海苔)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android