コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フシグロセンノウ(節黒仙翁) フシグロセンノウLychnis miqueliana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フシグロセンノウ(節黒仙翁)
フシグロセンノウ
Lychnis miqueliana

ナデシコ科の多年草。北海道を除く日本各地に分布し,山地林中陰地下草に混って生える。茎は高さ 50~100cmぐらい,上部で分枝し,軟毛がまばらにあり,節はふくれて暗色となる。「フシグロ」の名はこれに基づく。対生する葉は楕円状披針形で先がとがり,葉柄はほとんどない。全縁縁辺と中肋に毛がある。7~10月に,朱赤色の花を集散花序につける。萼は無毛で,花弁は5個,全縁である。 蒴果は長楕円形,種子は腎臓形で黒色である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フシグロセンノウ(節黒仙翁)の関連キーワードナデシコ科