コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下草 シタクサ

3件 の用語解説(下草の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

した‐くさ【下草】

《「したぐさ」とも》
木の下などに生えている草。森や林に生える丈の低い草木。
取るに足らない者。日陰者。
「かかる―頼もしくぞ思(おぼ)しなりぬる」〈・玉鬘〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

したくさ【下草】

木陰に生えている草。特に、森林に群生している雑草。
庭園などに用いるシダ類・シャガなどの背の低い植物の総称。
日陰者のたとえ。 「かかる-もたのもしくぞ思しなりぬる/源氏 玉鬘

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下草
したくさ

森林や樹群の下層に生育する草や小低木。下草は表土が雨水によって流失したり固結するのを防ぎ、樹木の生育を助ける働きをする。また野生生物の採餌(さいじ)、営巣、避難場所の機能も有する。農家林では下草は堆肥(たいひ)や家畜飼料として利用されたが、いまはほとんどなされていない。また庭園などの樹群の下草は風致景観上からも必要である。森林の下草は自然に生育する野草や低木であるが、その構成は森林の樹種や構造、土地条件などによって違う。土地条件を測定する指針となる指標植物として下草が利用されることが多い。[蜂屋欣二・藤森隆郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下草の関連キーワード木の下木の下隠れ木の下陰木の下風木の下露木の下闇手草田草木の下隠る田草月

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下草の関連情報