コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フジェール Fougères

世界大百科事典 第2版の解説

フジェール【Fougères】

フランス北西部,イル・エ・ビレンヌ県の町。人口2万4362(1982)。川に囲まれた高台にある旧要塞都市。旧ブルターニュ公国の東縁に位置し,同公国の東の守りとしてしばしば攻囲,占領された。13の塔(13~14世紀)をもつ美しい城壁が残る。フランス革命期には王党派のふくろう党の拠点となった。その指導者,最後の領主ラ・ルエリ侯爵の生涯とともに,フジェールはユゴーバルザックの小説によく描かれている。産業としては,13世紀来のシーツ,帆布,布靴生産から発達した婦人靴の生産地として有名である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

フジェールの関連キーワードジャン ゲエノーゲーノ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android