王党派(読み)おうとうは

  • Royalists

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスのピューリタン革命における国王支持派。騎士党キャバリアーズCavaliers)ともいう。1641年、「大諫議書(だいかんぎしょ)」の採択をめぐって長期議会が分裂した結果、王党派と議会派とが形成された。王党派には、北西部を地盤とする貴族、大土地所有者が多かったといわれ、彼らはチャールズ1世の甥(おい)ルパートRupert王子などを中心として内戦を戦ったが敗北し、その多くが土地や財産を没収された。しかし、王党派はその後エドワード・ハイドEdward Hyde(後のクラレンドン伯)を中心として大陸亡命中のチャールズ2世のもとに集まり、再起のときを待った。そしてクロムウェル独裁下で議会派内部の対立が深まると、ハイドは反クロムウェル派との和解を進め、王政復古の準備を整えた。王政復古ののち、王党派を中心として「騎士(キャバリアー)議会」が開かれたが、内戦中に失った財産を回復できずに没落した者も多かった。(書籍版 1985年)[小泉 徹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

イギリスのピューリタン革命期から王政復古期にかけての国王派
イングランド西部や北部が基盤。階層的には議会派と大きな違いはないが,封建貴族・国教派聖職者・保守的なジェントリ農民・特権商人などで,宗教的には国教会またはカトリック教会に属するものが多かった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の王党派の言及

【イギリス文学】より

…一つは人間を宇宙の薄明のなかで,神または自分自身の魂(あるいはそのアニマ)と向き合う存在としてとらえる〈形而上派(メタフィジカル・ポエット)〉の詩。もう一つは人間を基本において社会的存在と認識する,より古典主義的な〈王党派(キャバリア・ポエット)〉の詩である。しかし相克はやがて破局にエスカレートする。…

※「王党派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android