コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フス教徒

デジタル大辞泉プラスの解説

フス教徒

チェコの作曲家アントニン・ドヴォルザークの管弦楽曲(1883)。劇的序曲『フス教徒』『フス党』とも呼ばれる。15世紀初頭のチェコの宗教家ヤン・フスの支持者たちを描いた劇の音楽として作曲された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

フスきょうと〔‐ケウト〕【フス教徒】

《原題、〈チェコ〉Husitská dramatická ouverturaドボルザークの管弦楽曲。1883年作曲。ボヘミアの宗教改革者フスの支持者たちを描いた劇付随音楽の序曲として作曲。フス党。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

フス教徒の関連キーワードドボルザーク(Antonín Dvořák)ウワディスワフ2世ヤギェウォフリードリヒ1世プロコプ(小)プロコプ(大)ウェルフェルバーゼル協約ターボル派イジー

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android