コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フス教徒

デジタル大辞泉の解説

フスきょうと〔‐ケウト〕【フス教徒】

《原題、〈チェコ〉Husitská dramatická ouverturaドボルザークの管弦楽曲。1883年作曲。ボヘミアの宗教改革者フスの支持者たちを描いた劇付随音楽の序曲として作曲。フス党。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

フス教徒の関連キーワードドボルザーク(Antonín Dvořák)ウワディスワフ2世ヤギェウォフリードリヒ1世プロコプ(小)プロコプ(大)ウェルフェルバーゼル協約ターボル派イジー

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android