コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ化キセノン(弗化キセノン) ふっかキセノンxenon fluoride

1件 の用語解説(フッ化キセノン(弗化キセノン)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふっかキセノン【フッ化キセノン(弗化キセノン) xenon fluoride】

アメリカのクラーセンH.H.Claassenらによって,1962年に希ガス元素キセノンとフッ素とから直接合成された化合物。二,四,六フッ化物が知られている。いずれもフッ素化作用が強く,不安定であるが,フッ化水素酸に溶けると安定となる。
[二フッ化キセノン
 化学式XeF2キセノンとやや過剰のフッ素を混合し,400℃に熱して得られる。無色の結晶。室温で昇華する(蒸気圧3~4mmHg)。三重点129.03℃。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone