コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ化キセノン(弗化キセノン) ふっかキセノン xenon fluoride

1件 の用語解説(フッ化キセノン(弗化キセノン)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふっかキセノン【フッ化キセノン(弗化キセノン) xenon fluoride】

アメリカのクラーセンH.H.Claassenらによって,1962年に希ガス元素キセノンとフッ素とから直接合成された化合物。二,四,六フッ化物が知られている。いずれもフッ素化作用が強く,不安定であるが,フッ化水素酸に溶けると安定となる。
[二フッ化キセノン
 化学式XeF2キセノンとやや過剰のフッ素を混合し,400℃に熱して得られる。無色の結晶。室温で昇華する(蒸気圧3~4mmHg)。三重点129.03℃。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フッ化キセノン(弗化キセノン)の関連キーワードアメリカの声アングロアメリカアメリカ杉アメリカンアメリカンチェリーHα線アメリカの空アメリカの友人不安の時代ナドセン効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone