コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ化水素酸 フッかすいそさんhydrofluoric acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フッ化水素酸
フッかすいそさん
hydrofluoric acid

フッ化水素の水溶液。略してフッ酸ともいう。無色,市販品はフッ化水素含有量 50~60%である。腐食性が強く,有毒である。金,白金には作用せず,鉛にはその表面を侵す程度であるが,その他のすべての金属を溶かす,ガラスのエッチング (侵食作用により模様をつけること) に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フッ化水素酸
ふっかすいそさん
hydrofluoric acid

フッ化水素の水溶液。通称フッ酸。蛍石(ほたるいし)CaF2を濃硫酸と熱し、発生する気体を水に吸収させる。無色の液体。刺激臭があり有毒である。市販の溶液は通常46~50%(約26mol/L)。35.37%水溶液は共沸混合物となる(最高沸点120℃)。弱酸で0.1モル溶液の電離度は約10%。濃い溶液中では、おもに2HFH++HF2-に電離しているため、KFのような塩のほかにKHF2のようなフッ化水素塩をつくる。白金、金には作用しない。銅、鉛は常温で表面が侵されるだけであるが、他の金属はすべて溶かす。ガラスやケイ素化合物に反応して溶かすので、ポリエチレンや鉛貼(ば)りの容器に保存する。希フッ化水素酸は、鉄・鋼・非鉄金属などの表面処理、ガラス・電球の腐食、つや消し、鋳物の砂落とし、黒鉛の精製、半導体のエッチング、無機フッ素化合物の製造、試薬などに用いられる。有毒。皮膚に触れると組織内部まで侵されるので注意を要する。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フッ化水素酸の関連キーワードフッ化アンモニウム(弗化アンモニウム)フッ化キセノン(弗化キセノン)フッ化コバルト(弗化コバルト)一酸化ケイ素(一酸化珪素)フッ(弗)化カルシウムヘキサフルオロケイ酸二酸化ケイ(珪)素ガンフリント生物群ドライエッチングフッ化ナトリウムフッ化カルシウムフッ(弗)化水素フッ化ケイ素酸タングステン酸ハロゲン化水素テクネチウム二酸化ケイ素ジルコニウムフッ化ケイ素薄板ガラス

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android