コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ化水素 フッかすいそhydrogen fluoride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フッ化水素
フッかすいそ
hydrogen fluoride

化学式 HF 。蛍石に硫酸を作用させて得られる無色,刺激性の強い気体。腐食性が強く,有毒。比重 1.27,融点-83.7℃,沸点 19.7℃。水,アルコールに易溶。ベンゼントルエンなどの有機溶媒にも溶ける。水溶液はフッ化水素酸で,腐食性が強く,ガラスなどのケイ酸質をおかす。電球つや消し,フッ化水素酸の二次製品 (フッ化カリウム,フッ化マグネシウム,フッ化バリウム,フッ化セリウムなど) 製造,メッキ (亜鉛メッキの際の酸洗い) ,分析試薬などに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フッ化水素
ふっかすいそ
hydrogen fluoride

水素とフッ素の化合物。フッ化水素カリウムKHF2を熱するか、蛍石(ほたるいし)CaF2に濃硫酸を加えて熱すると得られる。常温で無色発煙性の液体。式量が小さいのに融点や沸点が高いのは、水素結合により分子が会合しているためである。気体の蒸気密度は、90℃以上でHF、32℃付近では(HF)2~(HF)3に相当し、固体ではジグザグの鎖構造が認められる()。液体は電気を導かないが、無機・有機化合物をよく溶かす。水によく溶け、フッ化水素酸を生じる。フッ素化剤で、フロンガス(冷媒)、ペルフルオロ化合物、フッ素樹脂、フッ素の製造原料、アルキル化などの有機合成触媒としての用途がある。きわめて毒性が強く、吸入すると肺水腫(すいしゅ)をおこす。また気体が指にしみると爪の間が痛む。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フッ化水素の関連キーワードフッ化アンモニウム(弗化アンモニウム)フッ化キセノン(弗化キセノン)フッ化コバルト(弗化コバルト)トーマス・エドワード ソープフッ化水素酸(弗化水素酸)一酸化ケイ素(一酸化珪素)フッ化水素(データノート)フッ化ウラン(弗化ウラン)フッ(弗)化カルシウム焼成リン肥(焼成燐肥)二酸化ケイ(珪)素フッ(弗)化水素フッ化カルシウムフッ化ナトリウムドライエッチングタングステン酸フッ化ケイ素酸フッ化水素中毒ハロゲン化水素フッ素化合物

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android