コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ化硫黄(弗化硫黄) ふっかいおうsulfur fluoride

世界大百科事典 第2版の解説

ふっかいおう【フッ化硫黄(弗化硫黄) sulfur fluoride】

フッ素と硫黄の化合物で,化学式S2F2,SF4,SF6,S2F10の4種が知られている。
[二フッ化二硫黄]
 化学式S2F2。一フッ化硫黄ともいう。真空中でフッ化銀AgFと過剰の硫黄を加熱して反応させると得られる。安定で収量の多いのが,揮発性のF2S=Sであり,融点-133℃,沸点-10.6℃,無色の気体。ほかにF-S-S-Fの構造をもつ異性体も生ずる。
[四フッ化硫黄]
 化学式SF4。アセトニトリル中でSCl2とNaFを反応させると得られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

フッ化硫黄(弗化硫黄)の関連キーワードアセトニトリル異性体

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android