コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ化硫黄(弗化硫黄) ふっかいおう sulfur fluoride

1件 の用語解説(フッ化硫黄(弗化硫黄)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふっかいおう【フッ化硫黄(弗化硫黄) sulfur fluoride】

フッ素と硫黄の化合物で,化学式S2F2,SF4,SF6,S2F10の4種が知られている。
二フッ化二硫黄
 化学式S2F2。一フッ化硫黄ともいう。真空中でフッ化銀AgFと過剰の硫黄を加熱して反応させると得られる。安定で収量の多いのが,揮発性のF2S=Sであり,融点-133℃,沸点-10.6℃,無色の気体。ほかにF-S-S-Fの構造をもつ異性体も生ずる。
四フッ化硫黄
 化学式SF4。アセトニトリル中でSCl2とNaFを反応させると得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フッ化硫黄(弗化硫黄)の関連キーワード塩化硫黄水素化物無機化合物弗化カルシウム弗化水素硫化弗化物弗素フッ素歯症フッ素中毒

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone