コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フモール修道院 フモールシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

フモール‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【フモール修道院】

Mănăstirea Humor》ルーマニア北東部の町グラフモールルイの北約5キロメートルにある修道院。16世紀にモルドバ公国の高官とその妻により創設。外壁にはスチャバの宮廷画家トマによる赤を基調としたフレスコ画が描かれ、ブコビナ地方南部を代表する五つの修道院の中で唯一画家の名がわかっている。1993年に「モルドバ地方の教会群」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

フモール修道院の関連キーワードモルドバ公国スチャバ

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android