コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フモール修道院 フモールシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

フモール‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【フモール修道院】

Mănăstirea Humor》ルーマニア北東部の町グラフモールルイの北約5キロメートルにある修道院。16世紀にモルドバ公国の高官とその妻により創設。外壁にはスチャバの宮廷画家トマによる赤を基調としたフレスコ画が描かれ、ブコビナ地方南部を代表する五つの修道院の中で唯一画家の名がわかっている。1993年に「モルドバ地方の教会群」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android