コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フュルステンワルデ Fürstenwalde

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フュルステンワルデ
Fürstenwalde

ドイツ東部,ブランデンブルク州の都市。ベルリンの東南東約 50km,シュプレー川とオーデル=シュプレー運河が交わる付近にある。 13世紀中頃にブランデンブルク辺境伯により建設され,1285年に都市権を与えられた。 1385~1571年には司教座がおかれたが,15世紀の大聖堂は第2次世界大戦時に破壊された。タイヤ工場があるほか,化学,金属,繊維などの工業が立地。人口3万 4413 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android