コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フライト船 フライトせんfluit

世界大百科事典 第2版の解説

フライトせん【フライト船 fluit】

17~18世紀のオランダで盛んに建造された新型の船舶で,貨物積載能力にすぐれ,比較的少数の水夫で航行可能であったため,オランダの海運,貿易の発展に大きく寄与した。1595年ホールンHoornの造船家リオルネP.J.Liorneの設計により出現したとされるが,貿易の興隆期を迎えたオランダ商人・船主の大型船舶への要望と資本,造船技術の蓄積がリオルネの設計の背景にあったといえる。3本マストで,船幅に比して4倍(のちには6倍)の長さをもち,胴体は丸くふくらみ,デッキの面積は比較的狭く,速力と安定性があり,船倉は広い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフライト船の言及

【輸送】より

… しかし,水上輸送の場合も,急激な成長はいわゆる〈大航海時代〉以降にみられる。17世紀に世界商業の覇権を握ったオランダは,北海におけるニシン漁用の特殊船と,木材,造船資材,穀物などの〈かさばる商品〉を扱うバルト海貿易用に,地中海諸国の開発したカラベル船よりはるかに輸送コストの低いフライト船を開発,その繁栄の基礎とした。また,17世紀に最大級の船舶を用いたのは東インド貿易で,ここでは数百トンという巨大な船が使われた。…

※「フライト船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フライト船の関連キーワード宇宙飛行士オランダ史

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android