フライヤー精紡機(読み)フライヤーせいぼうき

百科事典マイペディアの解説

フライヤー精紡機【フライヤーせいぼうき】

フライヤーflyerと呼ぶ二叉(ふたまた)の金具の片腕に糸を通し,これを回転させて加撚を行う精紡機。毛羽のない糸ができ,梳毛(そもう)・麻糸紡績などに用いる。この精紡機から延伸部を除いた形のフライヤー機構は,各種の糸の撚糸機としても使われる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のフライヤー精紡機の言及

【精紡機】より

…連続式には多くの加撚(かねん)方法がある。(1)フライヤー精紡機 最も古いもので,現在は麻糸または太い羊毛の紡績に用いられる(図a)。(2)キャップ精紡機 梳毛(そもう)糸紡績用の一部で用いられ,生産能率は高いが,上質の糸の紡績に適しない(図b)。…

【紡績機械】より

…スピンドル(ボビン)回転数が一定のとき,撚り数(Pの回転数)が多いときは巻取速度が小さくなる。Pをボビンとは独立に回転するフライヤーにしたものがフライヤー精紡機である。ミュール精紡機では,糸(P)をボビンと同一速度で回転して撚りをかけた後,Pが静止した状態で糸を巻き取る(紡錘車と同じ)。…

※「フライヤー精紡機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android