コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精紡機 せいぼうき spinning frame

翻訳|spinning frame

3件 の用語解説(精紡機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

精紡機
せいぼうき
spinning frame

紡績の精紡工程に用いられる機械。粗糸を引伸して細い繊維束とし,これに所要の撚 (よ) りを与えて単糸にして巻取る。リング精紡機フライヤ精紡機キャップ精紡機ミュール精紡機などがあり,現在最も広く用いられるのはリング精紡機である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

精紡機【せいぼうき】

紡績工程のうち,粗紡機で作られたローブ(粗糸)をドラフト(延伸)し,撚りをかけて糸に仕上げる機械。ドラフトは4〜6対のローラーの間を通して行うが,加撚機構は数種あり,その違いなどにより,フライヤー精紡機ミュール精紡機,キャップ精紡機,リング精紡機空気精紡機などの種類がある。
→関連項目繊維機械紡績紡毛紡績

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいぼうき【精紡機 spinning frame】

紡績の最後の工程で粗糸またはスライバーを引き伸ばして細くし,かつ撚り(より)を加えて糸とし,ボビンまたはチーズに巻き取る機械。その多くは何対かの表面速度の異なるローラー間で粗糸を引き伸ばした後,スピンドルの高速回転を利用して撚りをかけるもので,連続式と間欠式とがある。引き伸ばす割合は綿紡ではふつう15~35(ハイドラフト)で100~150以上(スーパーハイドラフト)の場合もある。最近では巻き終わったボビンを空ボビンと自動的に交換するオートドッファーを備えているものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

精紡機の関連キーワードドラフトドライバー要因練条機仕上げ精紡梳綿綿毛サブスクライバー磨糸機最後の最後

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone