片腕(読み)カタウデ

デジタル大辞泉の解説

片方の腕。隻腕(せきわん)。
最も信頼のできる助勢者。腹心。「社長の片腕となって働く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 片一方の腕。隻腕(せきわん)。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 信頼できる補佐役。頼りになる相談相手。
※浮世草子・傾城禁短気(1711)四「我も哥仙が片腕(カタウデ)にも成程な米屋町の俵六といふ大臣」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android