フライ・バイ・ワイヤー(読み)ふらいばいわいやー(英語表記)Fly‐By‐Wire

知恵蔵の解説

フライ・バイ・ワイヤー

ハイテク・ジェット旅客機や最新の戦闘機に使われている、常時AFCS(自動飛行制御システム)のコンピューターを介して飛行機を操縦する方式。在来の飛行機では、パイロットは操縦桿やペダルによって人力、あるいは油圧で舵を動かしていたが、FBWでは操縦桿やミニスティックを通じ、機体の姿勢や旋回などの指示をAFCSコンピューターに入力する。必要な舵角はコンピューターが計算して、油圧サーボ作動筒に操舵信号を送る。機首を上げ過ぎて失速に近づけば、オートスロットル(エンジン出力自動調節装置)がエンジンの推力を増し、失速を未然に防ぐ。

(鳥養鶴雄 元日本航空機開発協会常務理事 技術士(航空機部門) / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android