コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

操縦桿 そうじゅうかん control column; control stick

4件 の用語解説(操縦桿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

操縦桿
そうじゅうかん
control column; control stick

飛行機,グライダーなどの昇降舵および補助翼を操作するレバー。下端は索 (コントロールケーブル) または棒により昇降舵および補助翼に連結されているので,操縦者はこれを前後または左右方向に動かすことによって,ピッチおよびロールの飛行姿勢を変えることができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そうじゅう‐かん〔サウジユウ‐〕【操縦×桿】

航空機の補助翼や昇降舵(だ)を操作するための棒状またはハンドル状の取っ手

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そうじゅうかん【操縦桿】

飛行機を操縦するレバー。昇降舵・補助翼の操作を制御する。操縦棒。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

操縦桿
そうじゅうかん
control stick

航空機の昇降舵(だ)および補助翼を動かし、機体を前後左右に傾ける装置。操縦棒ともいう。急激な運動をする曲技機や戦闘機、スペースの狭いグライダーでは棒状の操縦桿を用い、急激な運動を行わない軽飛行機やスペースの広い大型機では、補助翼を動かすのは操縦ハンドルcontrol wheelとなっている。すなわち操縦桿を左右に倒すと機体も左右に傾くが、この操作を操縦ハンドルの回転に置き替えたものである。昇降舵は、操縦桿、操縦ハンドルともに、手前に引くことによって航空機を後ろに、また押すことによって前に傾ける。
 また、航空機では操縦しながら他の操作を行うことが多いので、操縦桿や操縦ハンドルには機体の姿勢を調整するトリムスイッチ、無線通信用のスイッチ、軍用機ではこのほか火器の発射ボタン、前脚操向用切り換えボタンなどを備えており、操縦桿から手を放さないでも各種の操作を行うことができる。現在、操縦桿や操縦ハンドルは、操縦士のすぐ前側に取り付けられており、そのために中央部下側の計器が見にくくなるといった欠点がある。そこで操縦系統をコンピュータ化し、操縦桿を操縦士のすぐ脇に取り付け、手首の動きだけで航空機を操縦する形式のものが、しだいに広く用いられる傾向にある。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

操縦桿の関連キーワード昇降舵補助翼モーターグライダーパラグライダースキーパラグライダーフライバイワイヤ仮面ライダーエターナル仮面ライダーナイトサバイブ仮面ライダーなでしこセールプレーン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

操縦桿の関連情報