コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

操縦桿 そうじゅうかんcontrol column; control stick

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

操縦桿
そうじゅうかん
control column; control stick

飛行機,グライダーなどの昇降舵および補助翼を操作するレバー。下端は索 (コントロールケーブル) または棒により昇降舵および補助翼に連結されているので,操縦者はこれを前後または左右方向に動かすことによって,ピッチおよびロールの飛行姿勢を変えることができる。操縦桿の代わりに操縦輪や小さなスティックをもつ機体もある。ヘリコプタではサイクリック・コントロール・スティックと呼ばれ,回転翼 (ロータ) の回転面の角度を前後,左右に傾け,それによって前進,後進,横進の操縦をすることができる。近年は,操縦桿の動きを電気信号や光信号によって伝える機構も出てきた。それぞれフライ・バイ・ワイヤ FBWフライ・バイ・ライト FBLと呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうじゅう‐かん〔サウジユウ‐〕【操縦×桿】

航空機の補助翼や昇降舵(だ)を操作するための棒状またはハンドル状の取っ手

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そうじゅうかん【操縦桿】

飛行機を操縦するレバー。昇降舵・補助翼の操作を制御する。操縦棒。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

操縦桿
そうじゅうかん
control stick

航空機の昇降舵(だ)および補助翼を動かし、機体を前後左右に傾ける装置。操縦棒ともいう。急激な運動をする曲技機や戦闘機、スペースの狭いグライダーでは棒状の操縦桿を用い、急激な運動を行わない軽飛行機やスペースの広い大型機では、補助翼を動かすのは操縦ハンドルcontrol wheelとなっている。すなわち操縦桿を左右に倒すと機体も左右に傾くが、この操作を操縦ハンドルの回転に置き替えたものである。昇降舵は、操縦桿、操縦ハンドルともに、手前に引くことによって航空機を後ろに、また押すことによって前に傾ける。
 また、航空機では操縦しながら他の操作を行うことが多いので、操縦桿や操縦ハンドルには機体の姿勢を調整するトリムスイッチ、無線通信用のスイッチ、軍用機ではこのほか火器の発射ボタン、前脚操向用切り換えボタンなどを備えており、操縦桿から手を放さないでも各種の操作を行うことができる。現在、操縦桿や操縦ハンドルは、操縦士のすぐ前側に取り付けられており、そのために中央部下側の計器が見にくくなるといった欠点がある。そこで操縦系統をコンピュータ化し、操縦桿を操縦士のすぐ脇に取り付け、手首の動きだけで航空機を操縦する形式のものが、しだいに広く用いられる傾向にある。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

操縦桿の関連情報