旋回(読み)せんかい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

旋回

3Dグラフィックのモデリング技法のひとつ。平面に描かれた図形を、を中心に回転させることによって立体化する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せん‐かい〔‐クワイ〕【旋回】

[名](スル)
円を描くように回ること。機械などの可動部が回転運動をすること。「上空をセスナが旋回する」「戦車が砲塔を旋回させた」
航空機や艦船が回りこむようにして進路を変えること。「右へ旋回する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パラグライダー用語辞典の解説

旋回

パラグライダーの進路を変更するときには曲がりたい方向のブレークコードを引く。するとブレークを引いた側の抗力が増し、傾くようにして徐々に旋回が始まる。少し引いた場合には少し傾き緩やかな旋回が始まり、大きく引いた場合には大きく傾き急旋回に入っていく。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

せんかい【旋回】

スル
円を描くようにまわること。ぐるぐるまわること。 飛行機が船上を-する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐かい ‥クヮイ【旋回】

〘名〙
① ある点を中心に円を描くようにまわること。ぐるぐるまわること。〔羅葡日辞書(1595)〕
※白い壁(1934)〈本庄陸男〉四「元木武夫の運命が旋回しようとしてゐた」 〔説苑‐尊賢〕
② 特に、航空機がその進路方向を、曲線を描くようにして変えること。
野火(1951)〈大岡昇平〉七「偵察機が一機、獲物を狙ふ鳥のやうに、小さな円を描いて旋回してゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の旋回の言及

【飛行機】より

…また右のペダルを踏めば機首は右に向く(図5-f)。 飛行機の方向舵は船の舵と同じ働きをするが,左右どちらかに旋回する場合,船では方向舵に相当する舵を操作するだけでよいが,飛行機の場合は,補助翼と方向舵をうまく使い,旋回の中心のほうへ機を傾け,図6のように旋回で生ずる遠心力と揚力と重力がつりあうようにしなければならない。このような正しい旋回をすると,機は横滑りすることなく,遠心力と重力との合力が機体に対して機の上下軸方向に一致するので,自動車や船の旋回の場合のように身体が旋回の外側のほうに倒される慣性力をまったく生じない。…

※「旋回」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旋回の関連情報