コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラオルテス Phraortēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラオルテス
Phraortēs

[生]?
[没]前653
メディア王国初代の王 (在位前 675~653) 。ペルシア名クシャスリタ。のちバビロニアのナボポラッサルと組んでアッシリアを滅ぼしたキャクサレスの父。古代ギリシアの歴史家ヘロドトスによるとメディアの創設者はデイオケスとされているが,アッシリアの史料からすると一地方の支配者にすぎないので,このフラオルテスが真の統一者と考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のフラオルテスの言及

【メディア王国】より

…メディア国家の発展はアッシリアの侵入に対する抵抗運動を通じて促された。前674年ころ,フラオルテスPhraortēsはメディアとマンナイ,キンメリア人の連合を組織してアッシリアに反撃を開始した。ペルシア人の征服も彼の時代に行われた。…

※「フラオルテス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フラオルテスの関連キーワード高宗(中国、唐)マクシモス神流川発電所鎮壇具岩手の塔五経正義法相宗李思訓ラロトンガ島

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android