コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


みん

[生]?
[没]白雉4(653).6. 近江
古代の学僧,入唐学問僧。新漢人 (いまきのあやひと) 日文ともみえている。推古 16 (608) 年遣隋使小野妹子に従って中国に渡り,留学生活 24年の間,仏教のほか周易などを学び,舒明4 (632) 年遣唐使犬上御田鍬 (みたすき) に従って帰国。彼の周易の講義は中大兄皇子や中臣 (藤原) 鎌足ら大化改新の主導者や蘇我入鹿も聴講した。改新政府発足にあたって国政諮問機関である国博士となり,大化1 (645) 年衆僧を教導する十師となった。中央官制の制定に尽力し,死去にのぞんで,皇極天皇 (→斉明天皇 ) によって仏菩薩像が造立され川原寺に安置された。白雉5 (654) 年7月阿曇 (あずみ) 寺で没したともいわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

旻【みん】

新漢人旻(いまきのあやひとみん)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

みん

?-653 飛鳥(あすか)時代の学問僧。
推古天皇16年(608)遣隋使小野妹子(いもこ)にしたがい,隋(ずい)(中国)に留学。舒明(じょめい)天皇4年(632)帰国。大化(たいか)の改新後は国博士として高向玄理(たかむこの-くろまろ)とともに新政権に参画,孝徳天皇に信任された。白雉(はくち)4年6月死去。新漢人日文(いまきのあやひと-にちもん)ともいう。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:白雉4.6(653)
生年:生年不詳
7世紀中ごろの僧侶。僧旻,旻法師,釈僧旻,日文などさまざまに表記されるが,もとは旻という一字名で,上に僧字を冠したものであろう。梁の高僧で荘厳寺の僧旻にちなむ名かもしれない。大和の高市の檜前に住んだ百済系または加耶の一国安羅(安耶,韓国慶尚南道咸安)から6世紀後半に渡来した新漢人の出で,本来中国人であった可能性が強い。推古16(608)年遣隋使小野妹子らに従って隋に留学した学生,学問僧8人のうちのひとり。舒明4(632)年遣唐使犬上御田鍬らと共に24年ぶりに帰国。『家伝』によれば,帰国後,学堂を開き,隋唐での研鑽の成果にもとづいて中臣鎌足,蘇我入鹿らに儒教を講じた。皇極4(645)年蘇我氏滅亡後の新政権に参加し,高向玄理と共に国博士となり,ブレーンの役割を果たした。大化1(645)年僧侶統制のための十師制を発案して自らそのひとりとなったり,同6年,白雉の出現に際し祥瑞改元を提唱したりして,孝徳朝の諸改革に主導的な働きを示し,即位前から交わりのあった孝徳天皇(軽皇子)の信頼も篤かった。<参考文献>遠山美都男『大化改新

(鈴木靖民)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

みん【旻】

?~653) 古代の学僧。608年遣隋使小野妹子に従って渡隋、632年帰国。645年、高向玄理たかむこのくろまろとともに国博士となり、新政府に重きをなした。びん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

旻の関連キーワードフラオルテス神流川発電所鎮壇具岩手の塔法相宗李思訓海王星道昭法相宗

旻の関連情報