コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五経正義 ごきょうせいぎ Wu-jing zheng-yi

5件 の用語解説(五経正義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五経正義
ごきょうせいぎ
Wu-jing zheng-yi

中国,唐代における儒教の『経書』5種の官撰注釈書。 180巻。唐の太宗の命により孔穎達 (こうえいたつ) ら学者の手で編纂,永徽4 (653) 年天下に頒布。六朝の多様な所説を統一し,科挙受験者のために解釈の基準を示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごきょうせいぎ〔ゴキヤウセイギ〕【五経正義】

五経の注釈書。180巻。孔穎達(くようだつ)顔師古らが唐の太宗の命により編定。653年成立。魏(ぎ)の王弼(おうひつ)、漢の孔安国鄭玄(ていげん)、晋の杜預(とよ)ら、諸家の経書解釈を折衷・総合し、正統な標準解釈として、科挙の用に供した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごきょうせいぎ【五経正義 Wǔ jīng zhèng yì】

中国,唐の太宗の642年(貞観16),国子祭酒の孔穎達(くようだつ)を総裁として完成された五経の注釈書。選ばれた五経にたいする第一次の注釈として,《周易》は王弼(おうひつ)と韓康伯,《尚書》は孔安国,《毛詩》は毛公と鄭玄(じようげん),《礼記》は鄭玄,《春秋左氏伝》は杜預の注にもとづきつつ,それらの注にたいする第二次的注釈として,六朝時代に堆積したいわゆる義疏(ぎそ)(義疏学)のなかから妥当なものがとられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごきょうせいぎ【五経正義】

中国、唐の太宗の勅命によって作られた五経の注釈書。孔穎達くえいだつ・顔師古らが編纂。一七〇巻。653年完成。諸家の注釈書の中から優れたものを選び、それに従って詳細な説明を加えた。正統な解釈として広く重んぜられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五経正義
ごきょうせいぎ

中国、唐(とう)の孔穎達(くようだつ)らが勅命で制作し、653年(永徽4)に頒布した五経の正統公認の解釈集成である。唐の大宗(たいそう)は国家事業として国子監(こくしかん)(国立大学)で学術をおこし、経学(けいがく)における六朝(りくちょう)期の経書解釈での南北対立や多岐にわたる繁雑さを整理統一するように企て、顔師古(がんしこ)に経文の「定本(ていほん)」を考定させ(630)、ついで孔穎達ら多数の学者を動員して「五経義訓」の作制を命じた(632~642)。のち「正義」(標準解釈)と改題して公布した。編纂(へんさん)にあたった学者の傾向から、南学の注釈を多く採用、『周易(しゅうえき)』では王弼(おうひつ)注、『尚書(しょうしょ)』では偽孔安国(こうあんこく)伝、『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』では杜預(どよ)の集解(しっかい)をあげ、『毛(もう)詩』(詩経)、『礼記(らいき)』では南北共通の鄭玄(じょうげん)の箋注(せんちゅう)をとった。
 さらに高宗(こうそう)のとき、賈公彦(かこうげん)が勅命で『周礼(しゅらい)』『儀礼(ぎらい)』の「疏(そ)」(経注の再解釈)を著し、あわせて「七経正義」とよんだ。この「正義」の成立は、科挙(かきょ)(明経(めいけい)科)を通して学術に枠をはめ、一方で詩文で試験する進士(しんじ)科の出身を尊重したため、唐代以後かえって経学の発展は、春秋学など若干を除いて停滞に陥った。ただ、漢唐訓詁(くんこ)学がいまに伝存したのは、この書が残されたことに多く負っている。[戸川芳郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の五経正義の言及

【孔穎達】より

…隋末に明経に挙げられ,唐の初めに,50余歳で国子博士となり,太宗の即位後に国子司業に進み,顔師古らと《隋史》《大唐儀礼》などを編纂し,638年(貞観12)国子祭酒に拝せられた。太宗の命をうけて多くの学者とともに,南北両学派の統一を目的として《五経正義》180巻を撰定した。従来,五経の解釈が多岐に分かれ章句が繁雑であったのが,これによって整理一定され,以後,科挙試験の標準とされ,今日まで経書解釈の基本文献とされる。…

【十三経注疏】より

…唐による天下統一が実現すると,経書解釈の統合整理の必要が求められ,太宗はまず顔師古に命じて五経の定本を作らせ,つぎに孔穎達(くようだつ)に命じて経書の標準的解釈を作らせ,4次にわたる更定を経て大成した。これが《五経正義》である。 以後官吏登用試験の明経科ではこれによることとされた。…

【中国哲学】より

…儒学は前代に引き続いて思想的な発展はなく,仏教の下風に立つことに甘んじた。唐の太宗は儒教の振興を図り,五経の標準的解釈である《五経正義》を作ったが,これは六朝の訓詁学の集成であり,哲学的な内容のあるものではない。知識人の多くは仏教に関心を寄せたため,仏教はここに黄金時代を迎えることになった。…

【注疏】より

…しかし,一つの経書にも数種の異なるテキストが存在し,それぞれが異なった解釈をしたため,漢代では対立と論争が繰り広げられた。唐の太宗は勅命により,640年(貞観14)それまで不統一であった《周易》《尚書》《毛詩》《礼記(らいき)》《春秋左氏伝》の五経を校定させ,それに基づいて《五経正義》を作らせた。ここに五経の解釈は定着し,注を敷衍してさらに注釈した〈正義〉が生まれたのである。…

【唐】より

…唐初の人物画の名手であった閻立本(えんりつぽん)は顧愷之(こがいし)の手法を発展させたし,初唐の三大書家といわれる虞世南欧陽詢褚遂良(ちよすいりよう)は王羲之の正統を伝えて楷書を完成させた。儒教においても,太宗が孔頴達(くようだつ)に命じて編集させた《五経正義》は,漢以来の古典解釈学を集大成したものであるが,多く南朝の学説が採用された。ただし《五経正義》によって経書の解釈が統一され,科挙の出題の基準となった結果,思想の自由が失われて,儒教の発達が阻害されたのであった。…

※「五経正義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五経正義の関連キーワード寿陵貞観の治大唐西域記長孫無忌梁書七徳の舞周書帝範滕王閣北斉書

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone