コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランス言語図巻 フランスげんごずかんAtlas linguistique de la France

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランス言語図巻
フランスげんごずかん
Atlas linguistique de la France

J.ジリエロンがつくった言語図巻。すぐれた調査協力者 E.エドモンが 1920項目の質問票をもち,フランス各地 639地点を実地調査したものをまとめたもので,地図に各語形が直接書込まれている。 1902~10年に 35巻が刊行され,02年同解説編,12年同索引編,20年同補遺編,そして 14~15年にコルシカ編が出た。実地調査であること,音韻項目だけでなく,同じ意味を表わす単語の調査にも重点をおいたことなどが,ドイツの G.ウェンカーの言語地図と異なる。この図巻に基づくジリエロンの研究で言語地理学が確立することになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フランス言語図巻の関連キーワードJ. ジリエロン

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android