実地(読み)じっち

精選版 日本国語大辞典「実地」の解説

じっ‐ち【実地】

〘名〙
① (「じつぢ」とも) 物事実際に存在したり行なわれたりしている場所。〔運歩色葉(1548)〕
※俳諧・芭蕉葉ぶね(1817)「われ生得実地にこりやすき僻ありて、その凝るときは、羽黒の山を脊負出て海を見せたく思ひ」
② 考えを確かめたり、応用したり、また、身をもって経験したりする実際の場。また、実際の場で物事を行なうこと。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二五「志を立て一学を成すも之を実地に行ふの道を知らずんば学も終(つい)に益なからん」
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉緒方学風器械の事にせよ化学の事にせよ大体の道理は知て居るから、如何かして実地(ジッチ)を試みたいものだと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「実地」の解説

じっ‐ち【実地】

物事が行われたり、行う予定になっていたりする場所。現場。「実地調査」
理論説明だけでなく、実際にそのことを行うこと。また、そういう場面。「考えを実地に移す」「実地訓練」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android