コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言語地理学 げんごちりがく linguistic geography

6件 の用語解説(言語地理学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

言語地理学
げんごちりがく
linguistic geography

ドイツ・フランスに始った,地理的観点から研究する言語学の一分科。言語の地理的分布を調査し,その結果を地図に記入して言語地図を作成,この分布図を分析して言語変化の法則や歴史を明らかにする学問。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げんご‐ちりがく【言語地理学】

言語の地理的分布を研究して比較検討し、その地域における言語の歴史を再構成する言語学の一部門。言語地図を作成し、地理的社会的諸条件の中でのその言語現象の歴史を調べる。言語史研究の上で文献資料による研究を補うところが大きい。方言地理学

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

言語地理学【げんごちりがく】

言語学の一分野。ある言語の個々の単語や音韻,文法的特徴などの地理的分布を調査することによって,それらの伝播,変化の経路や過程を解明するもの。言語の歴史的変化を空間的に展開してみることもできるので,言語史の再構成にも重要である。
→関連項目方言

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

げんごちりがく【言語地理学 linguistic geography】

言語学の一分野。方言地理学ともいう。同じ概念の言語表現について,その地理的変種を地図の上に描くことによって,変種間の歴史的変遷と変化の過程を,歴史的・地理的現実のなかの話者と関連づけながら推定する方法。ある地域における言語の歴史を研究するという意味で言語の歴史的研究法の一つである。〈音韻法則に例外なし〉とする19世紀の青年文法学派への批判の上に成立した。ドイツのウェンケルG.Wenker(1852‐1911)に始まり,フランスのJ.ジリエロンによって確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げんごちりがく【言語地理学】

言葉の地理的分布を言語地図によって研究する言語学の一分野。狭義には、その分布状態の比較・分析から言語の歴史的変化の跡を推定しようとする学問をさす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

言語地理学
げんごちりがく

ことばの地理的分布を言語地図によって研究する分野。〔1〕いろいろな言語が世界のどこで話されているか、〔2〕個々の言語現象が世界にどのように分布するか、を扱う分野をもさす。〔3〕方言の総体的な違いを問題にする方言区画論は、〔4〕の方言地理学と関心の向け方が違う。〔4〕一言語内の方言による違いを個々の現象ごとに考察する分野は「方言地理学」ともよばれ、盛んに研究されている。〔4〕の意味の言語地理学は、現在の地理的分布パターンを基に、過去の言語変化を推定するという特色をもち、歴史言語学の一分野とも位置づけられる。言語史を復原する手掛りは二つある。(1)相互に交流のない離れた地域に同じ現象(A)が分布するときには、現象(A)は古くは中間地域にもあって連続した分布をなし、後世、別の言い方(B)が発生したために分断された、と考えうる(の(1))。(2)文化的中心地付近に分布するのは新しい言い方(B)で、辺境に分布するのは古い言い方(A)という一般傾向がある(の(2))。したがって、国土の両端に同じ言い方(A)があり、文化的中心地(京都)付近に別の言い方(B)があるというように、(A)(B)二つの条件に同時に合致するような場合(の(3))は、中央の言い方(B)が新しく広がった可能性が非常に大きい。これが「方言周圏論」である。言語地理学によって推定される変化は、相対年代だけである。過去の文献と突き合わせると、日本の方言差から得られる最古の段階は、せいぜい奈良時代をすこしさかのぼるくらいである。[井上史雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の言語地理学の言及

【言語学】より

…特に,語彙変化などにそういうことが多い。単語などの地域的伝播の姿を解明しようとする分野が〈言語地理学〉と呼ばれる。手法としては,たとえばあることがらをあらわす単語をある地域の多くの地点において調査し,地図(〈言語地図〉)にその分布状況をあらわし,その姿からその地域にどのような変化がどう起こったかを推定するものである。…

【ジリエロン】より

…フランスの言語学者。言語地理学の創始者。スイス生まれ。…

※「言語地理学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

言語地理学の関連キーワード記述言語学言語地図古地理学数理言語学方言地理学心理言語学日本語学方言地図法言語学精神病理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone