フリューベック・デ・ブルゴス(英語表記)Rafael Frübeck de Burgos

世界大百科事典 第2版の解説

フリューベック・デ・ブルゴス【Rafael Frübeck de Burgos】

1933‐
スペインの指揮者。マドリードミュンヘンで学ぶ。1962年からマドリード国立管弦楽団の常任指揮者を務め(‐1978),同時に欧米各地のオーケストラ客演。さらに66年から71年までデュッセルドルフ歌劇場の音楽監督,75年からカナダのモントリオール管弦楽団の音楽監督を兼任した。スペイン音楽のレコード制作に熱意を注ぎ,ファリャ,アルベニスらの作品を録音している。74年読売日本交響楽団の招きで初来日,80年同楽団の常任指揮者に就任

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android