コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペイン音楽 スペインおんがく

3件 の用語解説(スペイン音楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペイン音楽
スペインおんがく

スペインの古代,中世イスラム教キリスト教音楽文化は広くヨーロッパに多大の影響を与えた。12世紀初期多声楽のサンチアゴ・デ・コンポステラ楽派,北スペインに栄えたトロバドゥールやフラグレス (遊芸人) などの芸術,16世紀の作曲家トマス・ルイス・デ・ビクトリアらの宗教的多声楽や,オルガン音楽リュート音楽の傑作は,歴史上重要である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スペインおんがく【スペイン音楽】


[芸術音楽]
 最初に重要な表れとしては〈モサラベ聖歌〉が挙げられる。これは6~7世紀,西ゴート王国時代に形成された独特なキリスト教聖歌で,つづくイベリア半島イスラム化の時代(8世紀以降)にも多くのキリスト教徒(モサラベ)によって支持されたが,11世紀ごろローマ教会の勢力拡大とともに衰亡した。中世後期には宗教音楽がさらに独自の発展を示し,単声聖歌のみならず,初期多声聖歌の発達においても,スペインは他のヨーロッパ諸国に劣っていなかったことが知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スペイン音楽
すぺいんおんがく

スペイン人は、古くからヨーロッパはもとより、アジアアフリカ、そしてアメリカ大陸の人々と交わり、さまざまな文化に影響を与え、また他国の文化の影響を受けてきた。したがって、音楽の面でも多様性に富み、その影響は世界各国に及んでいる。スペイン音楽について述べるとき、芸術音楽と民俗音楽とを完全に分けることはむずかしいが、ここでは便宜的に芸術音楽の流れを中心に概観する。[アルバレス・ホセ]

中世

ルネサンス以前の中世スペイン音楽は、イベリア半島南部のセビーリャ、中央部のトレド、北部のサラゴサを三つの極として、ビシゴート聖歌やモサラベ聖歌とよばれる典礼音楽がスペイン全体に行き渡った時代(5~8世紀)から花を開いた。北方系のゴート人がイベリア半島を支配していた時代に「偽(ぎ)アラビア(=モサラベ)聖歌」というのも不思議であるが、このあたりがスペイン音楽の多様性の源である。
 12世紀に入ると、スペイン北部の巡礼地サンティアゴ・デ・コンポステラにコンポステラ楽派が生まれる。当時の音楽を伝えるものとしては『カリストの写本』が有名で、この楽派はパリのノートル・ダム楽派にも影響を与えたといわれている。一方、ブルゴスのラス・ウェルガスには14世紀に編まれた『ラス・ウェルガスの写本』が残されており、そのなかにあるホアン・ロドリゲス(ヨハネス・ロデリーチ)作曲の『アベ・マリア』などは美しい旋律で知られる。また、カタルーニャのモンセラートに伝わる『モンセラートの朱(あか)い本』は、カタロニア語圏の世俗音楽をも含む同時代の写本として有名である。スペインの王が編集したものとして注目されるのは、賢王アルフォンソ10世(在位1252~82)の名が冠されている『聖母マリアのカンティガ集』であり、これには400余曲のマリア賛歌が収められている。歌詞は、すべて当時の韻文に好んで用いられたガリシア語で書かれており、詩型にはアラビア詩の影響がみられる。[アルバレス・ホセ]

ルネサンス

ルネサンス期に入ると、それまで宗教的色彩が強かったスペイン音楽は、その他の方面にも花開くことになる。当時のスペインでは「ビリャンシーコvillancico」や「ロマンセromance」といった声楽曲や、「ファンタシアfantacia」「ディフェレンシアdiferencia(変奏曲)」「ティエントtiento」といった器楽曲が多くつくられた。
 15世紀の『バリビエリ歌集』には、詩人・劇作家としても有名なエンシーナの美しい音楽作品がみいだされるし、理論家ラモス・デ・パレハも同時代の人物である。この時代に活躍した作曲家にはフアン・デ・アンチエタ、フランシスコ・デ・ペニャロサ、フランシスコ・デ・ラ・トーレ、アロンソ・ペレス・デ・アルバらがいる。
 16世紀に入るとスペインは「黄金の世紀」(シグロ・デ・オロ)とよばれる時代に入り、政治・文化の両面でもっとも栄え、それに伴って音楽でも種々の優れた作品が世に出された。アンダルシア楽派のクリストバル・デ・モラーレス(1500ころ―53)、フランシスコ・ゲレロ(1528―99)、カスティーリャ楽派のトマス・ルイス・デ・ビクトリア(1549ころ―1611)、エストレマドゥーラ地方出身のフアン・バスケス(1500ころ―60以降)、カタルーニャ人のペドロ・アルベルト・ビラ(1517―82)らが、ビリャンシーコ、カンシオネロ、ロマンセなどの楽曲に名作を残している。オルガン音楽ではアントニオ・デ・カベソン(1510ころ―66)の「ティエント」「ディフェレンシア」「ファンタシア」がバッハ以前のオルガン作品のなかでとくに重要である。カベソンの弟子でもあるフライ・トマス・デ・サンタ・マリア(1510ころ―70)はその『ファンタシアの演奏技法』(1565刊)などに美しい鍵盤(けんばん)楽曲を残しており、オルガン奏者フランシスコ・デ・サリーナス(1513―90)は理論家としても優れた業績を残した。
 ビウエラやギターの音楽では、セビーリャ出身のフアン・ベルムード(1510ころ―55以降)、ビウエラ曲集『シルバ・デ・シレナス』を編んだエンリケ・デ・バルデラバノ(1500ころ―57ころ)、『エル・マエストロ』を著したルイス・ミラン(1500ころ―61以降)、『オルフエニカ・リラ』を著したミゲル・デ・フエンリャーナ(1579没)、ビウエラ曲集『デルフィン・デ・ムシカ』に多くの美しいディフェレンシアを残したルイス・デ・ナルバエス(15世紀末生まれ)、当時としては画期的と思われるコード表つきギター教本を著したフアン・カルロス・アマート(1572―1642)など、ビウエラ奏者=作曲家の活躍がすばらしく、これらの「ディフェレンシアス」は当時の変奏曲のなかでもっとも整った形をしていたといっても過言ではあるまい。また歌曲では、『ウプサラ歌曲集』『カサ・デ・メディセリの歌曲集』などがこの時代に編まれている。[アルバレス・ホセ]

17世紀

教会の多声音楽の伝統は、16、17世紀には、カタルーニャのフアン・プホール(1573ころ―1626)、バレンシアのフアン・バティスタ・コメス(1582―1643)、マドリードの「エル・カピタン」ことマテオ・ロメロ(1575―1647)、ラ・マンチャのカルロス・パティニョ(生没年不詳)、カタルーニャのフアン・マルケス(1585―1658)らによって守られていたといえる。このジャンルでは、マルケスによって代表されるモンセラート楽派の17世紀における活躍を忘れてはならず、この楽派の活躍は18世紀末まで続く。しかし、当時のスペイン音楽のすべてがモンセラート楽派の手によるものであったわけではなく、セビーリャのフランシスコ・コレア・デ・アラウホ(1576ころ―1654)、サラゴサのホセ・ヒメネス(1601―72)やアンドレス・デ・ソラ(1634―96)、バレンシアのフアン・カバニリェス(1644―1712)らのオルガン奏者の活躍も見逃せない。
 また17世紀には、フェリペ4世(在位1644~65)のサルスエラ宮に集った喜劇役者や音楽家によって「サルスエラ」というスペイン風オペレッタがつくりあげられた。ロペ・デ・ベガやカルデロン・デ・ラ・バルカの劇作も音楽を伴うものであった。
 スペイン音楽といえばギターを連想する人も多いが、そのスペイン・ギター作品の一つの基礎を築いたのが、アラゴン生まれのガスパル・サンス(生没年不詳)で、『ギター音楽教程』を著すとともに、多くのスペイン舞曲をギター音楽のなかに導入した。[アルバレス・ホセ]

18世紀

この世紀に入るとスペイン音楽は一つの転換期を迎える。ギターは5コース複弦から6コース単弦へと変化し、サルスエラは衰え始める。そして外国、とくにスペイン領ナポリのあったイタリアから、D・スカルラッティやボッケリーニらが訪れ、外国人音楽家の活躍の場となったが、この時期にあっても、カタルーニャのドミンゴ・テラデリャス(1713―51)、バレンシアのビセンテ・マルティン・イ・ソレル(1754―1806)らは、後のモーツァルトのオペラに影響を与えたといわれるほどの作品を残した。また、アントニオ・ソレル・ラモス(1729―83)は、多くのクラビア・ソナタを書き、エスコリアル宮の楽長としても活躍した。[アルバレス・ホセ]

19世紀

19世紀スペインは、ナポレオンの侵略その他の政治上の問題を多く抱えていた。そのためか、外国音楽の隆盛が続いたが、そのなかでスペイン音楽の健在を示したのは、ギター音楽とサルスエラの復興であった。
 18世紀末から活動を始めたフェルナンド・ソル(1778―1839)や、やや遅れて活動したディオニシオ・アグアド(1784―1849)は、6弦のギターで美しい旋律を生み出した。彼らの作風を受け継いだのが、ホセ・ブロカ(1805―82)、アントニオ・カノ(1811―97)、ホセ・ビニャス(1823―88)、フリアン・アルカス(1833―82)らであり、フラメンコとガリシアの音楽とを自己の内面で総合してギター作品をつくりあげた北部出身のフアン・パルガ(1843―99)であった。
 一方、逆に外国で活躍し、誕生日が同じことと短命さのため「スペインのモーツァルト」とよばれた天才フアン・クリソストモ・アントニオ・アリアガ・イ・バルソラ(1806―26)の存在も忘れられない。
 サルスエラの復興にあたっては、フランシスコ・アセンホ・バルビエリ(1823―94)らにより、1856年にサルスエラ劇場がマドリードに建設された。サルスエラの重要な作曲家にエミリオ・アリエタ(1823―94)があり、それを受け継いでルペルト・チャピ(1851―1909)、マヌエル・フェルナンデス・カバリェーロ(1835―1906)、フェデリコ・チュエカ(1846―1908)らが活躍した。
 また、大規模なオペラの創作を試みたフェリペ・ペドゥレル(1841―1922)やトマス・ブレトン(1850―1923)、世界的に活躍したバイオリニストのサラサーテとギタリストのタレガも、この時代の人である。[アルバレス・ホセ]

20世紀

20世紀に入り、ペドゥレルの国民楽派的性格を受け継いだのは、アルベニスとグラナドスである。2人ともピアニストとして知られ、19世紀後半から活躍していたが、アルベニスが『イベリア』、グラナドスが『ゴイエスカス』という代表作を作曲したのは20世紀のことであった。バレエ音楽『三角帽子』を代表とする色彩的作風で知られるファリャは、スペイン固有の音楽や色彩的オーケストレーションを身につけたのち、現代的かつ非具象的な美を音楽のなかで表現するようになっていく。そしてこのような志向は、ホアキン・トゥリナ(1882―1949)、ホアキン・ニン(1879―1949)、ホアキン・ロドリーゴ(1902―99)、ハビエル・モンサルバージュ(1912― )らに受け継がれている。一方、20世紀的技法の作曲家としては、シェーンベルクに学んだロベルト・ヘラルド(1896―1970)、その弟子のホアキン・オムス(1906― )や、クリストバル・アルフテル(1930― )、ルイス・デ・パブロ(1930― )らが注目される。
 20世紀のスペイン音楽で特筆すべきは、世界的に活躍する名演奏家を輩出していることであろう。チェロのカザルス、カサドをはじめ、ギターのセゴビア、イエペス、ピアノのアリシア・デ・ラローチャ、ラファエル・オロスコ、指揮者のフリューベック・デ・ブルゴス、声楽家ではビクトリア・デ・ロス・アンヘレス、モンセラット・カバリエ、ピラール・ローレンガー、テレサ・ベルガンサ、アルフレド・クラウス、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスら多士済々である。
 なお民俗音楽でも、スペイン人と他民族とのかかわりが大きく影響しており、この国がかつていくつかの王国に分割され、それぞれ独自の伝統、地方色、方言をもっていることと相まって、各地に固有の優れた音楽を残している。[アルバレス・ホセ]
『J・スビラ著、浜田滋郎訳『スペイン音楽』(白水社・文庫クセジュ) ▽G・チェイス著、館野清恵訳『スペイン音楽史』(1974・全音楽譜出版社) ▽浜田滋郎著『スペイン音楽のたのしみ』(1982・音楽之友社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スペイン音楽の関連キーワードイタリア音楽インド音楽地歌無形文化財トップニュース其れは其れとしてセンチネルリンパ節グアノシン三リン酸ファースト・ムーバーズ・アドバンテージ?バイ・ミュージカリティ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スペイン音楽の関連情報