フリーピストン機関(読み)フリーピストンきかん(英語表記)free piston engine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリーピストン機関
フリーピストンきかん
free piston engine

対向ピストン式2サイクルディーゼル機関によって駆動される往復式圧縮機。連接棒,クランクを用いずに1対の自由ピストンによって行う。往復運動部分の慣性力の不釣合いがなく,振動が少い。自由ピストン空気圧縮機と自由ピストンガス発生機とに大別される。後者は動力ガスを取出すことを目的とするもので,これとタービンを結合したフリーピストンガスタービンはいわゆるパスカル式ガスタービンとして知られている。現在量産されている例はない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のフリーピストン機関の言及

【内燃機関】より

…すなわち,比容積の小さい,したがって小流量・高圧部の作動ガスの圧縮と膨張を容積形で行わせ,比容積の大きい,したがって大流量の低圧部作動ガスの圧縮と膨張を速度形で行わせ高効率・大出力を得ることをねらったものである。このほかに,ピストンが連接棒やクランク軸の拘束を受けず自由に往復運動して燃焼ガスを発生し,タービンにより出力を得るフリーピストン機関がある。
[種類と特徴]
 内燃機関はさまざまな観点から分類できる。…

※「フリーピストン機関」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android