コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連接棒 レンセツボウ

百科事典マイペディアの解説

連接棒【れんせつぼう】

コネクティングロッド,コンロッドとも。ピストンとクランク軸を連結し,ピストンの往復運動をクランク軸の回転運動に変える往復機関の主要部分。圧縮,引張り,曲げなどの荷重を受けるので,座屈,熱ひずみ,振動などに耐え,かつ軽量であることが必要。
→関連項目クランク軸ピストン・クランク機構

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れんせつぼう【連接棒 connecting rod】

コネクティングロッド,あるいはコンロッドともいう。ピストン・クランク機構においてピストンあるいはクロスヘッドとクランク軸を連結し動力を伝達する部品。両端に軸受をもち,ピストン側を小端部(軸受),クランク軸側を大端部(軸受)と呼ぶ。小端部はピストンピンあるいはクロスヘッドピンと結合し,大端部はクランクピンと結合する。クランク軸【酒井 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

れんせつぼう【連接棒】

エンジンのピストンからの動力をクランク軸に伝える棒。連桿れんかん。接合棒。コネクティング-ロッド。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

連接棒
れんせつぼう

蒸気機関や内燃機関などでピストンとクランク軸とを結ぶ棒。ピストンの往復運動を伝え、クランクにより回転運動を得るためのもので、連桿(れんかん)、またはコネクティングロッドconnecting rod、略してコンロッドともいう。連接棒は圧縮荷重を受けるので、座屈(ざくつ)しないよう十分な太さが必要である。また運動を円滑に伝えるためには、十分な長さをもつ必要があり、普通、クランク半径の3~4倍程度の長さとする。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

連接棒の関連キーワードルノアール(Jean Joseph Étienne Lenoir)ワット(James Watt)フリーピストンガスタービンフリーピストン機関ピストンエンジンプランジャーリンク装置早戻り機構コッター偏心輪接合棒死点

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android