連接棒(読み)レンセツボウ

百科事典マイペディアの解説

連接棒【れんせつぼう】

コネクティングロッド,コンロッドとも。ピストンとクランク軸を連結し,ピストンの往復運動をクランク軸の回転運動に変える往復機関の主要部分。圧縮,引張り,曲げなどの荷重を受けるので,座屈,熱ひずみ,振動などに耐え,かつ軽量であることが必要。ふつう炭素鋼,機関によっては合金鋼をI形断面に型鍛造したものを用いる。
→関連項目クランク軸ピストン・クランク機構

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れんせつぼう【連接棒 connecting rod】

コネクティングロッド,あるいはコンロッドともいう。ピストン・クランク機構においてピストンあるいはクロスヘッドとクランク軸を連結し動力を伝達する部品。両端に軸受をもち,ピストン側を小端部(軸受),クランク軸側を大端部(軸受)と呼ぶ。小端部はピストンピンあるいはクロスヘッドピンと結合し,大端部はクランクピンと結合する。クランク軸【酒井 宏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れんせつぼう【連接棒】

エンジンのピストンからの動力をクランク軸に伝える棒。連桿れんかん。接合棒。コネクティング-ロッド。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

連接棒
れんせつぼう

蒸気機関や内燃機関などでピストンとクランク軸とを結ぶ棒。ピストンの往復運動を伝え、クランクにより回転運動を得るためのもので、連桿(れんかん)、またはコネクティングロッドconnecting rod、略してコンロッドともいう。連接棒は圧縮荷重を受けるので、座屈(ざくつ)しないよう十分な太さが必要である。また運動を円滑に伝えるためには、十分な長さをもつ必要があり、普通、クランク半径の3~4倍程度の長さとする。[中山秀太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

れんせつ‐ぼう【連接棒】

〘名〙 蒸気機関や内燃機関などで、ピストンからの動力をクランク軸に伝える棒。コネクティングロッド。コンロッド。連桿(れんかん)。接合棒。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android