コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレーバー自由度 フレーバーじゆうど flavour’s degree of freedom

1件 の用語解説(フレーバー自由度の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フレーバーじゆうど【フレーバー自由度 flavour’s degree of freedom】

単にフレーバーともいう。クォークの種類を表すために導入された概念。現在では,陽子,中性子などの素粒子は,さらに基本的な粒子であるクォークがいくつか組み合わさってつくられていると考えられており,これらクォークの種類のことをフレーバー自由度という。1963年にM.ゲル・マンとG.ツワイクによってクォーク模型が提唱された際には,上向きupの自由度をもつuクォークと下向きdownの自由度をもつdクォーク,それに奇妙さstrangeの自由度(当初は横向きsidewayの自由度)をもつsクォークの3種類のクォークで,すべての素粒子がうまく分類できていた(ここで上向き,下向きなどは単に分類のためのもの)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フレーバー自由度の関連キーワードクォートフレーバーティーミートフレーバー多クォーク重粒子・ペンタクォーク多クォーク中間子・バリオニウムスカラークォーク反クォークアップクォークダウンクォークストレンジクォーク

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone