コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フンナム(興南) フンナムHǔngnam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フンナム(興南)
フンナム
Hǔngnam

北朝鮮,ハムギョンナム (咸鏡南) 道中部,ハムフン (咸興) 市の南西部にある区域。日本統治期の 1927年肥料工場が建設されて以来,北方山地から電力を供給され,咸鏡鉄道の開通もあって,化学工業都市として発達。朝鮮戦争で完全に破壊されたが復興し,64年ハムフン市に合併された。肥料の大工場があって北朝鮮最大のフンナム肥料連合企業所が形成され,硫安など 13種の肥料を製造している。金属精錬,製鉄も盛んである。近代的な港湾設備をもつソホ (西湖) 津の所在地でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フンナム(興南)の関連キーワードハムギョンナム(咸鏡南)道朝鮮民主主義人民共和国ハムフン(咸興)市

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android