コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フーニウシャン(伏牛山)山脈 フーニウシャンさんみゃくFuniu shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フーニウシャン(伏牛山)山脈
フーニウシャンさんみゃく
Funiu shan

中国東部,ホーナン (河南) 省西部にある山脈。チンリン (秦嶺) 山脈の東部の主脈にあたる。東西に長さは 400km。西部はムーミヤオ (木廟) 嶺 (2343m) ,ラオチュン (老君) 山 (2192m) など標高 2000mをこえる山峰が並ぶが,東に向うに従って低くなり,200~500mの丘陵となる。北斜面はホワン (黄) 河とホワイ (淮) 河の水系,南斜面はチャン (長) 江水系に属する。東部の丘陵地帯にはホワイ河治水工事の一環としてダムが多数建設されている。西部は湿潤で森林が繁茂し,省の主要な木材産地。また桐油,漆,さく蚕糸などの特産物がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フーニウシャン(伏牛山)山脈の関連キーワードチューマーティエン(駐馬店)地区ピンティンシャン(平頂山)特別市トンパイシャン(桐柏山)山脈ターピエシャン(大別山)山脈ルーシャン(魯山)県ナンヤン(南陽)地区チンリン(秦嶺)山地ホワペイ(華北)平原ホーナン(河南)省

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android