フーン島(読み)フーントウ

デジタル大辞泉の解説

フーン‐とう〔‐タウ〕【フーン島】

Cu Lao Con Phung》ベトナム南部の都市ミトーの市街南部にある中州。メコンデルタを形成するメコン川の分流の一つである、ミトー川に位置する。市街中心部と同島、およびトイソン島がラックミエウ橋で結ばれる。キリスト教、仏教、イスラム教、カオダイ教などを融合した新興宗教ヤシ教の寺院がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android