フーン島(読み)フーントウ

デジタル大辞泉の解説

フーン‐とう〔‐タウ〕【フーン島】

Cu Lao Con Phung》ベトナム南部の都市ミトーの市街南部にある中州。メコンデルタを形成するメコン川の分流の一つである、ミトー川に位置する。市街中心部と同島、およびトイソン島がラックミエウ橋で結ばれる。キリスト教、仏教、イスラム教、カオダイ教などを融合した新興宗教ヤシ教の寺院がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android