コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブカイク Buqayq

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブカイク
Buqayq

サウジアラビア東部,ハサ地方の町。ペルシア湾岸から約 40kmのところにあり,1940年ブカイク油田が発見されて,石油の町として急速に発展した。 50年までに,レバノンのサイダまで敷設された,1700kmのタップライン (トランス・アラビアン・パイプライン) の南の終点となり,またリヤード,ダンマームとの間に鉄道も敷かれた。ザフラーンラスタンヌーラガッワール油田とパイプラインで結ばれ,石油のポンプ場,ガス・石油分離工場などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブカイクの関連キーワードアブカイク油田ダハラーンダンマムバダナ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android