コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブカイク Buqayq

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブカイク
Buqayq

サウジアラビア東部,ハサ地方の町。ペルシア湾岸から約 40kmのところにあり,1940年ブカイク油田が発見されて,石油の町として急速に発展した。 50年までに,レバノンのサイダまで敷設された,1700kmのタップライン (トランス・アラビアン・パイプライン) の南の終点となり,またリヤード,ダンマームとの間に鉄道も敷かれた。ザフラーンラスタンヌーラガッワール油田とパイプラインで結ばれ,石油のポンプ場,ガス・石油分離工場などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブカイクの関連キーワードアブカイク油田ダハラーンダンマムバダナ

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android