コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブジー ブジーbougie

翻訳|bougie

4件 の用語解説(ブジーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブジー
ブジー
bougie

金属製,ゴム製などの細い管または棒で,おもに尿道などの狭い体管腔に挿入して,狭窄部分の拡張をはかるために用いられる医療器具である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ブジー【bougie】

異物の探知、狭窄の拡張、薬物の塗布などの目的で、尿道や子宮その他比較的狭い体管や体腔に挿入する細い管や棒。消息子。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブジー
ぶじー
bougie

食道、直腸、尿道、尿管、鼻涙管など管状器官の内径の拡張を行うための棒で、金属や比較的硬性の材質でできている。消息子ともいう。形状と材質、用途により区別分類される。食道ブジーは比較的長く、先端は細い。主として狭窄(きょうさく)の拡張に用いる。球頭ブジーは先の細いヘビの頭状で、狭窄部の探知に用いられることが多い。尿道に用いられるものには直線ブジー、曲線ブジー、糸状ブジーなどがあり、直線ブジーはまっすぐで女子の尿道拡張、男子の前部尿道拡張に用いられる。曲線ブジーは男子の尿道全体の拡張のためのものでいろいろのタイプがある。糸状ブジー(誘導ブジー)は尿道狭窄があってカテーテルが入れられず、拡張が必要なときなどに使うもので、糸のように細いブジーを先に通しておき、それに金属カテーテルを接続して入れると、方向を間違うことはない。[河村信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブジーの関連情報