消息子(読み)ショウソクシ

百科事典マイペディアの解説

消息子【しょうそくし】

ゾンデとも。生体の管腔の部分や傷の瘻孔(ろうこう)の内部の見えないところの状態を調べる目的に使われる器械。一般には金属性の細いやや柔らかい棒状のもの。胃液等を検査する目的で胃の中に挿入するゴム管を胃消息子ということもある。→カテーテル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうそくし【消息子 probe】

体内の管状の部分の内部を調べるための医療器具。曲げやすい軟らかい金属でできた細い棒で,先端は丸く鈍頭になっている。外科領域で用いられるゾンデSondeと同義語。主として,傷の瘻孔(ろうこう)の方向,長さ,盲端の壁の状態などを調べるために用いられる。調べる場所に応じて,金属棒の太さ,長さ,形態が多少異なる。【小野 美貴子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうそく‐し セウソク‥【消息子】

〘名〙
① 創孔または膣内の状況をさぐる針状の細長い金属棒。探針。ゾンデ。ブージー。〔医語類聚(1872)〕
耳孔を掃除するもの。耳かき。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android