コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブズク buzuk

世界大百科事典 第2版の解説

ブズク【buzuk】

トルコ系の撥弦楽器。洋梨形の胴に細く長い棹をもつリュート属の楽器で,棹にはフレットがつけられており,金属弦が複弦で3コース張られる。サーズと総称される民俗弦楽器の中の大きめのものの名称で,ボズクbozukともいう。またアルバニアタンブールを指す場合もある。同種の楽器はギリシアではブズキbuzukiあるいはブズキアbuzukiaと呼ばれ,フレットはギターのように金属片が棹にうめ込まれ改良されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブズクの関連情報