コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッシュフェルト貫入岩体 ブッシュフェルトかんにゅうがんたいBushveld intrusion

世界大百科事典 第2版の解説

ブッシュフェルトかんにゅうがんたい【ブッシュフェルト貫入岩体 Bushveld intrusion】

南アフリカ共和国のトランスバール州にある層状貫入岩体。分布面積6万7000km2(東西460km,南北245km),厚さ7000m以上に達する膨大なものである。昔は単一の層状貫入岩体と考えられていたが,現在では五つの層状貫入岩体の集合したものと考えられている。貫入の時代は20.5億年前。ブッシュフェルト層状貫入岩体は,先カンブリア時代のトランスバール系(22億年前)中にほぼ整合的に貫入しており,トランスバール系に顕著な接触変成を与えている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブッシュフェルト貫入岩体の言及

【クロム鉄鉱】より

…クロム鉱床は大規模な層状塩基性貫入岩体中に層状をなすものと,造山帯中のカンラン岩体あるいは蛇紋岩化したカンラン岩体に伴うものがある。南アのブッシュフェルト貫入岩体,ローデシアのグレートダイクなどは前者の例であり,ロシアのウラル山脈,フィリピン,トルコ,日本のクロム鉱床などは後者の例である。日本のクロム鉱床としては北海道八田鉱山,日東鉱山,鳥取県広瀬鉱山,若松鉱山などが有名。…

【斜長岩】より

…アポロ計画による月探査の結果,月の高地を構成する岩石は斜長岩であることがわかり,地球や月の初期の地殻形成に重要な役割をもっていたと考えられている。地球上には,(1)南アフリカのブッシュフェルト貫入岩体のような層状分化岩体の一メンバーとして産するもの,(2)大きな底盤状塊状岩体として産するもの(たとえば北アメリカのアディロンダック岩体),(3)先カンブリア時代初期の高度変成岩中に層状に産するもの(グリーンランドのフィスケネセト岩体など)の三つのタイプがある。(3)のものは,形成年代,化学組成などの点で月の斜長岩と類似している。…

※「ブッシュフェルト貫入岩体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブッシュフェルト貫入岩体の関連キーワード斑糲岩斜長岩

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android