コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッシュマスター Lachesis muta; bushmaster

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブッシュマスター
Lachesis muta; bushmaster

トカゲ目クサリヘビ科。体長 3.5mをこえる大型の毒ヘビで,性質は比較的おとなしいが,咬まれると非常に危険である。体は灰褐色ないし橙褐色の地に,白く縁どられた黒褐色の菱形紋が並ぶ。中央アメリカ南部と南アメリカ北部に分布し,普通は林の中にすんでいて夜行性である。卵生で,一腹に 12個ぐらいの卵を産み,母ヘビはそのまわりにとぐろを巻いて孵化するまで保護する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブッシュマスター【bushmaster】

クサリヘビ科に属する毒ヘビ(イラスト)。1属1種。属名はギリシア神話の“運命を割りあてる女神ラケシス”に由来するが,これは本種がきわめて危険な毒ヘビであることによる。ニカラグアからコロンビア,ブラジル,ペルーおよびトリニダード島に分布し,全長2~3m,最大3.7mに達し,毒ヘビではアメリカ大陸最大種。頭部は大きいが極端な三角形でなく,吻(ふん)部両側にはピットがある。胴の側面には三角の模様が並び,体鱗は隆条が顕著で盛り上がる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブッシュマスター
ぶっしゅますたー
bushmaster
[学]Lachesis mutus

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目クサリヘビ科のヘビ。同科マムシ亜科に属し、1属1種。属名のLachesisがギリシア神話の「命脈の長さを決定する運命の女神ラケシス」に由来するとおり、アメリカ大陸では最大でもっとも危険な毒ヘビとされる。ニカラグアからコロンビア、ブラジル、ペルー、トリニダード・トバゴなどに分布し、全長約3メートル、最大は3.7メートルに達する。頭部は大きいが極端な三角形ではない。低地から山地に至る降雨林の比較的涼しい場所に生息し、個体数はあまり多くない。しかし、夜行性で長大な毒牙(どくが)と多量の強い出血毒をもち、現地では恐れられる。餌(えさ)はネズミ類などの小動物である。卵生で、雌が抱卵して守る。飼育は条件がむずかしい。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブッシュマスターの関連キーワードLachesisアマゾン川

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android