コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブホタリン ブホタリン bufotalin

1件 の用語解説(ブホタリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブホタリン
ブホタリン
bufotalin

化学式 C26H36O6 。ヒキガエルの皮脂腺から分泌されるガマ毒の一種。ステロイド骨格をもつ。アルコールクロロホルムに溶ける。融点 223℃。ブホトキシン加水分解すると生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブホタリンの言及

【心臓薬】より

…またこれらの糖がとれた形のゲニンも強心作用を示す。ガマ皮膚腺分泌物にもブホタリン,ブホトキシンなどの強心ステロイドが含まれる。そのほか,カテコールアミン類(アドレナリンやノルアドレナリン)やキサンチン誘導体(カフェインやテオフィリン)なども強心作用を有する。…

※「ブホタリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブホタリンの関連キーワードオオヒキガエル疣蛙着替える糞蛙蟾蜍蟇・蟾蜍・蟆大蟇ヒキガエル(蟇∥蟾蜍)《ひきがえるの冒険》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone