コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブホトキシン ブホトキシン bufotoxin

1件 の用語解説(ブホトキシンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブホトキシン
ブホトキシン
bufotoxin

化学式 C40H60N4O10 。融点 205℃の結晶。メチルアルコール,ピリジンに可溶,エチルアルコールに微溶,水,エーテル,アセトンなどに不溶。ガマ毒の一種である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブホトキシンの言及

【心臓薬】より

…またこれらの糖がとれた形のゲニンも強心作用を示す。ガマ皮膚腺分泌物にもブホタリン,ブホトキシンなどの強心ステロイドが含まれる。そのほか,カテコールアミン類(アドレナリンやノルアドレナリン)やキサンチン誘導体(カフェインやテオフィリン)なども強心作用を有する。…

※「ブホトキシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブホトキシンの関連キーワード式量硝酸マンガン酸化砒素ソルビン酸無水硫酸ルイサイトグラム式量化学式量ニトログリコールフッ化硫黄(弗化硫黄)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone