皮脂腺(読み)ひしせん(英語表記)sebaceous gland

翻訳|sebaceous gland

百科事典マイペディアの解説

皮脂腺【ひしせん】

脂腺,毛包腺とも。哺乳(ほにゅう)類の皮膚腺の一種で,脂肪を分泌する。てのひら,足底を除く全身に分布し,脂肪酸やコレステロールを成分とする皮脂を分泌し,毛や皮膚を潤し,乾燥を防ぐ。口唇腺,外陰腺肛門腺など,毛を伴わないものもある。腺体は真皮の中にあり,排出管は毛包に開口する。腺細胞の中に次第に脂肪がたまり,ついには細胞がこわれて分泌物となる。
→関連項目脂漏性湿疹

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひしせん【皮脂腺 sebaceous gland】

哺乳類の外分泌腺の一種で,単に脂腺とも呼ばれる。毛に付随してほとんど全身の皮膚に分布し,脂肪酸やコレステロールなどを含む脂肪様の物質(皮脂)を分泌し,毛や皮膚をうるおし,乾燥をふせいでいる。毛のない部位,例えば手のひらや足のうらにはないが,口唇,包皮外陰,肛囲などでは毛をともなわない独立皮脂腺をつくっている(それぞれ口唇腺,包皮腺,外陰腺,肛門腺と呼ばれる)。腺体は真皮中にあり,形は胞状で,毛包(毛囊)を囲み,数個集まっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の皮脂腺の言及

【腺】より

…(2)粘液腺 粘液を分泌する粘液腺mucous glandは,口腔,鼻腔,咽頭,気管,気管支,消化管など至るところにみられる。(3)脂腺 皮脂腺のように脂質を分泌する腺を脂腺sebaceous glandという。副腎皮質や睾丸(精巣),卵巣の内分泌細胞はステロイドホルモンを分泌するが,これも広義の脂腺ということができる。…

【皮膚】より

…真皮も膠原繊維束がさまざまな方向に交錯して走る厚くてじょうぶな層として発達し,その下には多量の脂肪を含む皮下組織が存在し,神経や血管の通路となっている。また,哺乳類では小汗腺,大汗腺,皮脂腺乳腺の四つの皮膚腺が出現する。小汗腺は全身に分布し,水分の多い分泌物を出して,毛とともに体温調節に重要な働きをする。…

※「皮脂腺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皮脂腺の関連情報