コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブライト‐ウィグナーの式 Breit-Wigner formula

法則の辞典の解説

ブライト‐ウィグナーの式【Breit-Wigner formula】

原子核が入射粒子と反応して,励起準位に励起された後に別の粒子pを放出したときの断面積を与える公式.

σ(xy) をXxyY なる核反応の断面積だとすると,入射粒子 x(角運動量をゼロとする)のエネルギーが E であるときの共鳴断面積,E0共鳴のピークにおける入射粒子のエネルギー,λ は入射粒子のド=ブロイ波長,Γ は共鳴の全準位幅(つまり共鳴ピークの半値幅)が与えられれば,

で求めることができる.実際には二つ以上の共鳴準位が重なってもっと複雑となる場合もある.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android