ブラック・コーヒー

デジタル大辞泉プラスの解説

ブラック・コーヒー

ジャズ・ポピュラー・シンガー、ペギー・リーの1953~56年録音のジャズ・ヴォーカル・アルバム。デッカ・レーベル。オーケストラをバックにした初期の代表作。原題《BLACK COFFEE》。

ブラック・コーヒー

英国の作家アガサ・クリスティによる推理劇(1930)。原題《Black Coffee》。エルキュール・ポアロが登場する三幕もの。1997年チャールズ・オズボーンにより小説化。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android