ブラワーヨ(英語表記)Bulawayo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラワーヨ
Bulawayo

ジンバブエ南西部の工業都市。マタベレランド地方の中心都市。グウェル西南西約 160km,標高 1360mのサバナ高原に位置。バンツー系のンデベレ族の最後の首長ロベングラが首都をおいた。 1893年イギリス南アフリカ会社が占領,97年に自治権を獲得。同国の工業の一中心地で,タイヤ,建築資材,織物などを産し,食品加工 (製糖製粉,ビール醸造,酪製品) も盛ん。セシル・ローズの建てた官庁のほか,病院,大学 (教育,神学,工科) ,博物館,交響楽団など,教育・文化機関も多い。航空,鉄道,道路交通の中心地で,南方 45kmのマトポス丘陵にローズの墓があり,付近はマトポス国立公園となっている。人口 49万 5317 (1982) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android