コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラントベルク[山] Brandberg

1件 の用語解説(ブラントベルク[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブラントベルク[山]【Brandberg】

アフリカ南西部,ナミビアの西部にある同国の最高峰。標高2606m。多くの岩面画遺跡があることで知られる。1917年に測量技師のマークR.Maackが発見し,その後ブルイユなどが調査した。ブルイユは,一部の人物像を古代の地中海民族をあらわすと考え,その女性像を〈白い婦人〉と名づけたが,彼の説は現在では否定されている。なぜなら,この地方の岩面画はサン美術の後期段階に属するもので,ボツワナツォディロ丘陵を経て,ジンバブウェ(ローデシア)から16世紀以後に伝播したと考えられるからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブラントベルク[山]の関連キーワードアラビア海コイサン語族ザンビアナミビアバマコルサカコイ族アフリカ菫南アフリカSWAPO

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone