ブラントベルク[山](英語表記)Brandberg

世界大百科事典 第2版の解説

ブラントベルク[山]【Brandberg】

アフリカ南西部,ナミビアの西部にある同国の最高峰。標高2606m。多くの岩面画遺跡があることで知られる。1917年に測量技師のマークR.Maackが発見し,その後ブルイユなどが調査した。ブルイユは,一部の人物像を古代の地中海民族をあらわすと考え,その女性像を〈白い婦人〉と名づけたが,彼の説は現在では否定されている。なぜなら,この地方の岩面画はサン美術の後期段階に属するもので,ボツワナのツォディロ丘陵を経て,ジンバブウェ(ローデシア)から16世紀以後に伝播したと考えられるからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android