コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラントベルク[山] Brandberg

1件 の用語解説(ブラントベルク[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブラントベルク[山]【Brandberg】

アフリカ南西部,ナミビアの西部にある同国の最高峰。標高2606m。多くの岩面画遺跡があることで知られる。1917年に測量技師のマークR.Maackが発見し,その後ブルイユなどが調査した。ブルイユは,一部の人物像を古代の地中海民族をあらわすと考え,その女性像を〈白い婦人〉と名づけたが,彼の説は現在では否定されている。なぜなら,この地方の岩面画はサン美術の後期段階に属するもので,ボツワナツォディロ丘陵を経て,ジンバブウェ(ローデシア)から16世紀以後に伝播したと考えられるからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone