コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランド差別化 brand differentiation

1件 の用語解説(ブランド差別化の意味・用語解説を検索)

流通用語辞典の解説

ブランド差別化【brand differentiation】

マーケティング戦略の基本のひとつで、自社製品のブランドの優位性を強調すること。今日のように商品自体が甲乙つけがたい状態にあるとき、他よりぬきんでた特性をアピールすることはかなりむずかしい。特定のブランドを常時指定することを、ブランド・ロイヤリティというが、それも薄れる方向にある。ブランド差別化ができにくい時代となっており、差別化戦略は企業イメージやCI(コーポレイト・アイデンティティ)戦略が重要になってくる。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブランド差別化の関連キーワードネットマーケティングブランディング戦略の幅ミクロ・マーケティング地域別マーケティング個別マーケティング競争的マーケティング戦略マーケター戦略的マーケティングマーケティングツールパーソナル・マーケティング

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブランド差別化の関連情報