コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランビリエ侯爵夫人 ブランビリエこうしゃくふじん Marie‐Madeleine d’Aubray,marquise de Brinvilliers

1件 の用語解説(ブランビリエ侯爵夫人の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブランビリエこうしゃくふじん【ブランビリエ侯爵夫人 Marie‐Madeleine d’Aubray,marquise de Brinvilliers】

1630‐76
フランスの名高い毒殺犯。身分の高いパリの司法官の娘として生まれたが,結婚後,サント・クロアという毒物学にくわしい士官と知り合い,彼の手引きによって自分の父,夫,弟,子どもばかりか,その他多くの人間をも大量に毒殺した。悪事露見してオランダに逃走したが,リエージュ修道院で逮捕され,拷問を受けたのち,群衆の前で処刑された。【澁澤 龍

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブランビリエ侯爵夫人の関連キーワード海潮音フランス組曲名高いフランス窓フランスソワールペリエマンデスフランスフランステレビジオンシランクスペキネ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone