ブランビリエ侯爵夫人(読み)ブランビリエこうしゃくふじん(英語表記)Marie‐Madeleine d’Aubray,marquise de Brinvilliers

世界大百科事典 第2版の解説

ブランビリエこうしゃくふじん【ブランビリエ侯爵夫人 Marie‐Madeleine d’Aubray,marquise de Brinvilliers】

1630‐76
フランスの名高い毒殺犯。身分の高いパリの司法官の娘として生まれたが,結婚後,サント・クロアという毒物学にくわしい士官と知り合い,彼の手引きによって自分の父,夫,弟,子どもばかりか,その他多くの人間をも大量に毒殺した。悪事露見してオランダに逃走したが,リエージュの修道院で逮捕され,拷問を受けたのち,群衆の前で処刑された。【澁澤 龍

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android