コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランビリエ侯爵夫人 ブランビリエこうしゃくふじんMarie‐Madeleine d’Aubray,marquise de Brinvilliers

世界大百科事典 第2版の解説

ブランビリエこうしゃくふじん【ブランビリエ侯爵夫人 Marie‐Madeleine d’Aubray,marquise de Brinvilliers】

1630‐76
フランスの名高い毒殺犯。身分の高いパリの司法官の娘として生まれたが,結婚後,サント・クロアという毒物学にくわしい士官と知り合い,彼の手引きによって自分の父,夫,弟,子どもばかりか,その他多くの人間をも大量に毒殺した。悪事露見してオランダに逃走したが,リエージュの修道院で逮捕され,拷問を受けたのち,群衆の前で処刑された。【澁澤 龍

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブランビリエ侯爵夫人の関連キーワードウィンスロップアユタヤ朝プラーサートーンカルロ・エマヌエレ1世藤堂高虎アダム・シャールコルネイユ(Pierre Corneille)リシュリュー(Armand Jean du Plessis de Richelieu)リン(元素)マリ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android