コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルースクリーン ブルー スクリーン

3件 の用語解説(ブルースクリーンの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ブルースクリーン

WindowsでOSにダメージを与えるような致命的なエラーが起きたときに、画面が青一色になり、エラーのメッセージだけが表示される状態。たいていの場合は、再起動することで解決できるが、頻繁に発生する場合は、OSの再インストールなどの対処が必要なこともある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

ブルースクリーン

ウィンドウズそのものが致命的な動作不良を起こして強制終了してしまった際に表示される、文字だらけの画面のことです。青地に白の文字が表示されることからこの名が付きました。それまでの保存していないデータはすべて失われ、強制的にパソコンが再起動されます。めったに表示されませんが、繰り返し表示されるようになった場合は、ウィンドウズセキュリティソフトの更新に失敗した、ウイルスに感染した、パソコンのどこかが電気的に壊れたなど、致命的なトラブルになっている可能性が高いです。
⇨再起動、ハングアップ、フリーズ

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブルー‐スクリーン(blue screen)

ウインドウズ系のパソコンで、重大な障害が生じた場合に、白文字のエラーメッセージとともに表示される青色の画面の通称。電源や各種デバイスなどのハードウエア関係の不具合オペレーティングシステムの破壊など、致命的な障害である場合が多い。青画面。青窓。BSODblue screen of death)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルースクリーンの関連キーワードタスクバーWMTウィンドウズ98ウィンドウズMeウインドウズ携帯ウィンドウズパソコンウィンドウズ2000ウィンドウズNTウィンドウズモバイル管理ツール

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブルースクリーンの関連情報